車査定のチェックポイントと対策

車査定の際にチェックされるポイントが分かっていれば、事前に対策をして高く売却することも可能です。査定士が主にチェックしているポイントは、車種やグレード・走行距離・人気のカラー・装備品やオプション・修理歴の5つです。まず車種やグレードに関しては所有者にはどうにもならない部分なので他のポイントでプラス査定を勝ち取るしかありませんが、走行距離に関してはプラスになるかマイナスになるかが大きく分かれます。査定士は「標準年間総距離」である6500キロメートルを基準とし、それよりも少ない場合にはプラス査定にする可能性が高くなります。人気のカラーに関しては査定額が上下しやすいポイントで、テレビコマーシャルやポスターで紹介されたカラーは人気がありますが、多く出回っていることで査定額が低くなることもあります。購入する時は派手なカラーよりも定番のカラーを選ぶのが無難です。装備品やオプションに関しては状態が良いほど査定額が高くなりますので、少しの故障なら車査定の前に修理しておく方が良いでしょう。修理歴に関しては車の根幹にまで達するようなケースであれば、後で発見されて大きくマイナスされるよりも自分から申告した方が良いのです。

Copyright© 2017 車買取の口コミを見る前に…査定について知ろう! All Rights Reserved.